【アフリカ投資レポート 3】

東大、GS、HBSを経て世銀と、非の打ちどころのない経歴の小辻さんがご自身の体験を通してアフリカでのビジネスにおける実際を紹介するシリーズ。まずはデータがどこにも存在せず、そもそも記録を残す、という文化でない場合には、いかに相手と信頼を築き、対面、口頭伝承での情報収集がいかに大切かが示される。同時に、統計やマーケットのデータも整備されたものが存在しない場合、自分で市場へ足を運び、観察し、ノートを取り、データを集めるという基本的な作業の有効性となる。

こうしたビジネスに関する環境が未整備なのに加えて、社会インフラ自体も未整備なため、結果的にビジネスでの高コストに繋がる。例えば、電力網が未整備であるため、工場や商店の稼働のためには常時発電機を回している必要がある。その他にも、治安が良くないため警備員を雇うコスト、また港湾、道路状況が良くないため在庫を多く保有する必要がある、材料や部品の国内市場が未整備なため輸入に頼る必要がある、等、ビジネスをめぐる環境は非常に厳しい。結果的に、輸入品の方が安く済むため、産業が育たないとも言われる。

同時に、教育インフラも整っていないため、優秀な人材は欧米に出るため、管理職を雇おうとすると欧米よりも高いコストで国内に留まってもらう必要が出るため、非常に賃金も高くなる。高等教育の修了者でない場合には、自社でトレーニングを手厚く施す必要があるため、コストの増加は避けられない。

最後に、こうした目で見て足で稼ぐ情報収集を実践している人たちとして、青年海外協力隊の活動が紹介される。一見、世界の頭脳の頂点である世銀と草の根活動の協力隊とは接点が無いように思われるが、このようにインフラが未整備なアフリカにおいては、データの集め方、ビジネスの進め方は非常に似たような形態となる。最後に、世銀やJICA、他国のアクションによってアフリカを劇的に変えるのは難しく、アフリカはアフリカの人たちの手によって変わっていく、と示され、発展への期待が述べられる。

(参照:僕がアフリカでの商売にハマる理由)


[PR]

by kokem-omo | 2017-03-29 21:02  

【アフリカ投資レポート 2】 >>