東北の魚の旅

魚を食べようと思った。

震災からもうすぐ二年、大変な話も、頑張らなくちゃいけない話も、もう改めて僕が繰り返すことではないだろう。だからまあ、ドラマでもなく、数字でもなく、魚を食べてこようと思う。それで海でも眺めたらならもう充分だろう。

この魚の話を読んで、少しでも被災地のことを考えてくれれば、なんて贅沢なことは願わない。一体何のことだ、くらいが丁度いい。魚食べたくなってきたわ、はもう大成功。そんなくらいの気持ちで、東北の海岸を少しばかり歩いてこようと思う。
[PR]

by kokem-omo | 2013-01-10 16:17  

<< 大槌にサケが帰ってくる エル・システマ(音楽教育) >>